世の中には、口呼吸がメインの人と鼻呼吸がメインの人がいます。
どちらが良いのかというと、それはもちろん鼻呼吸です。
口呼吸によってもたらされるマイナス要素は色々ありますが、口臭もその一つです。

そもそも、口臭が発生する代表的な原因の一つが口の中の乾燥です。
口呼吸はこの乾燥を悪化させてしまう行為なので、当然鼻呼吸よりも口臭発生のリスクが高まります。
さらに、乾燥した状態の口内では菌が繁殖し放題となり、虫歯や歯周病を進行させてしまう危険性があります。
虫歯によって歯に穴が開くと、そこに食べカスなどがつまり、口臭が強くなってしまいます。
また、歯周病を患っていると、ちょっとの刺激を与えるだけでも歯茎から血や膿が出てきて、強烈な口臭を発生させることになります。
治療してもすぐに虫歯ができてしまう人は、まず口呼吸から改善しなければなりません。

口呼吸しているかどうかの見分け方は簡単です。
風邪を引きやすい人や唇が乾燥しやすい人、よくいびきをかく人は口呼吸がメインになっていると思われます。
また無意識の時にいつも口がポッカリ開いていたり、鼻での呼吸がしづらいと感じる人も日頃から口呼吸をしている証拠です。
鼻呼吸が本当に辛いのであれば、鼻や喉に鼻炎等の疾患がある場合もあるので、一度耳鼻科で診てもらうのも良いかもしれません。
口呼吸を自力で改善するなら、まずは意識的に口をしっかりと閉じ、鼻でのみ呼吸する癖をつけましょう。
また、睡眠中は無意識の状態なので、口呼吸が癖になっている人はなかなか治りません。
そんな人は、睡眠中の口呼吸を防止するアイテムを是非試してみてください。
鼻呼吸へと導くテープやサポーターなどの安眠アイテムが、色々と発売されています。
寝ている間に口呼吸になっていたかどうかは、いびきの有無や朝起きた時の口臭の強さでなんとなく図れます。
自分や一緒に寝ている人の睡眠の質を向上させるには、鼻呼吸がキーポイントとなります。

鼻で呼吸することによって口の中の乾燥を防げれば、自然と口臭も治ってくるはずです。
朝起きた時の口臭もそれほど気にならなくなり、よだれの臭いも減るでしょう。
鼻呼吸はその他にもウイルス感染や風邪を予防する効果があるそうです。
また、口周りの筋肉を引き締めることで老化防止にもつながるとのことです。

鼻呼吸には口臭予防をはじめ、様々なメリットがあります。
口呼吸をしている人は、今すぐ鼻で呼吸することに意識を向けてみましょう。