気になるお口の臭いをなんとかしたいなら、まずその原因を知ることが肝心です。
人によって異なる口臭の原因を理解して、自分にあった方法で改善していきましょう。

まず、口臭の代表的な原因として、虫歯や歯周病があげられます。
口内にトラブルがあるときは、どんなに一生懸命歯磨きをしても口臭は防げません。
普段よりも口臭がきつくなってきたと感じたなら、まず歯医者さんで検診をしてみて下さい。

まだ痛んでいなくても、初期虫歯を発見できる可能性が高いです。
また過去に詰めたりかぶせたりした歯の周辺が、虫歯になっている場合もあります。
プラスチックの人口歯も、時間が経てば臭いを吸着してしまうので要チェックです。

このような歯を治療する場合は治療に時間がかかるので、早めに受診するのがおすすめです。
他にも鼻やのどに疾患があったり、呼吸器系や消化器系の病気を患っている時も口臭がきつくなります。
とはいえ病気が原因で起こる口臭の90パーセント以上は、口の中に原因があるとされています。
ですから、まずは歯医者さんで口内チェックをしてもらうのが妥当かと思います。

次に、口臭は生活習慣によってもたらせる場合も考えられます。
口臭の原因ですぐに思いつくのが飲食物や嗜好品です。
ニンニクやネギなどが入っているものを食べると、一時的に口臭は強くなります。

またお酒やコーヒー、タバコのように、毎日続けているものも口臭の原因となりやすいです。
他には、殺菌作用のある唾液の分泌量が減少して起きてしまう口臭もあります。
例えば緊張している時や、ストレスを抱えている時は口の中が乾きやすくなります。
その結果菌が繁殖し、口の中が臭くなってしまうのです。

年齢を重ねると口臭がきつくなるのも、ホルモンバランスの変化によって唾液の分泌量が減るためです。
口の中が乾きやすくなったら、こまめに水を飲んだり、舌を動かして唾液の分泌を促すだけでも口臭を予防できます。

また日常的にタバコやお酒を飲む習慣がある人は、舌磨きやブレスケアなども日頃から心がける必要があります。
他にも臭いを気にしすぎて、返って症状が悪化してしまう心理的口臭もあります。

周りの反応が気になるという人も、歯科検診や舌磨きなど、簡単にできることから始めてみましょう。

口臭を予防するには、自分が普段どのようなものを食べたり飲んだりしているか。
どんな時に口臭がきつくなるかを考えて、適切なケアをしていくことが改善への近道です。