気になっていた口臭の裏に、思わぬ病気が潜んでいる場合もあります。
口臭の原因となる病気について調査してみました。

病気による口臭の原因は大きく分けて2つ。
1つ目は口の中に何かしらの病気が隠されている場合です。
例えばよくあるのが、虫歯や歯周病です。
食べカスが虫歯の穴に溜まっていくことで、臭いがきつくなってしまうのです。
さらに治療が遅れると神経が腐り、患部からは強烈な臭いがしてきます。
歯周病は歯茎が敏感になり、ちょっとの刺激でも出血してしまう疾患です。
病気が進行すると膿の混ざった血が出るようになり、口臭が強くなります。
また普段のオーラルケア不足によって生じる歯垢や歯石、舌苔が原因となっていることも考えられます。
他にも、唾液が減少し口の中が乾きやすくなることで起こる口臭もあります。
病気による口臭は、高確率でこれらが原因となっていることがほとんどでしょう。
口の中の病気に関しては、歯医者さんで治療したり、歯磨きや舌磨きの習慣を見直すことで改善できます。
詰めた歯の間や奥歯の裏側など自分では確認しにくい場所に虫歯がある場合も多いので、まだ痛みがなくても歯科検診は定期的に受けましょう。

病気による口臭の2つ目の原因は、内臓に疾患がある場合です。
例えば消化不良や肝機能の低下、糖尿病などが考えられるでしょう。
何らかの理由で胃腸の調子が悪くなった時、消化されない食べ物が長い時間胃の中に停滞します。
するとそれらが異常発酵して、卵が腐ったような強烈な匂いを肺から排出するのです。
また肝臓癌や肝硬変といった病気を抱えていて、肝機能が低下している時も口臭が発生します。
その場合は、消化不良とは違ってアンモニア臭がするのが特徴です。
一方糖尿病を患っている時は、アセトン臭と呼ばれる甘酸っぱい臭いの口臭がします。
内臓の疾患によって発生する口臭は、いくら口の中をケアしても防ぎようがありません。
しかし、口臭によって発見できる病気もあるかもしれません。
これは異常だと少しでも気になる点があれば、内科を受診してみるのをおすすめします。

病気によって生じる口臭のほとんどは、口の中にトラブルがあると考えて大丈夫です。
口臭が日に日に強くなると感じたら、虫歯や歯周病が進行している可能性があるので、まずは歯医者さんに相談しましょう。
また通常の口臭とは違う独特な臭いがした時は、それは病気のサインかもしれません。
たかが口臭と思って見過ごさずに、しっかりと向き合ってみましょう。