どんなにケアしても無くならないしつこい口臭。
自信を持って毎日を過ごしたいのなら、勇気を出して口臭外来を受診してみるのも良いかもしれません。

口臭の原因は大きく分けて2つ。
1つは、食べ物や喫煙、ストレスや加齢など生活習慣によってもたらせるものです。
そしてもう1つは虫歯や歯周病などの歯科疾患や、糖尿病などの病気によるものです。
病的口臭の場合は、その原因となる病気が完治すれば徐々に気にならなくなるでしょう。
しかし、生活習慣によって定着してしまった口臭は、たとえ健康でも手軽なケアだけではなかなか払拭するのは難しいようです。
自分ではどうにもできない強い口臭や、自分は気にならないけど周囲の反応が気になるという人は一度口臭外来を受診してみるのをおすすめします。

口臭のために病院へ行くのはちょっと大袈裟ではないかと、躊躇している人もいるかもしれません。
しかし口臭外来は歯科に併設されていることが多いので、もっと身近なものと感じてもらって構いません。
行ったらすぐに治療というわけではなく、その原因を探るために最初はカウンセリングや検査を行うのが普通です。
カウンセリングでは喫煙の有無や歯磨きの仕方など、生活習慣や基本的なことをチェックします。
それから口臭測定を行い、唾液検査、尿検査などを行います。
口臭の原因を突き止めるために、口内の水分量を検査したり、舌の検査や菌の活動レベルをチェックするなど、検査項目はとても細かく設定されています。
もちろん口臭の代表的な原因である虫歯や歯周病のチェックも最初に必ず行います。

検査結果を元に口臭の原因がわかったら、それに合わせた治療が始まります。
口臭外来は基本的に1回で終わりということは少なく、口臭が無くなるまで数回は通う必要があります。
また、完治した後も、再発防止のために自宅でできるセルフケアを指導してもらえるので安心です。
口臭は、適切なケアを病院と自宅の両方で行うことで、早期解決することができるはずです。

このように、口臭外来と言っても歯や口の中全体を見てもらうのは歯科治療と同じなので、それほど気張る必要はありません。
口臭がなくなれば自信を持って会話を楽しめますし、何より自分では気づかなかった病気や疾患を見つけるチャンスにもなります。
口臭外来を訪れる患者の数は年々増加傾向にあります。
一人で悩んでいないで、専門家の意見を聞きながら前向きに治療していきましょう。